コジロー君は、女の子だったの?!

kojiromama.exblog.jp
ブログトップ

コジローの避難訓練

東日本大震災から明日で1年になります。
被災され、尊いご家族や大事なものを奪われてしまった方、原発事故の影響で苦難を強いられている方…いろいろな方に思いを馳せますと心が痛み、どうか少しでも悲しみから救われますようにと祈るばかりです。
・・・黙祷を捧げます。

        *  *  *  *  *

現在、私達は静岡県の沿岸部に住んでいます。
静岡生まれで静岡育ちのコジパパはもうすぐ50歳になりますが、小学校3年生の時から卒業するまで“東海地震”に備えて、毎日「防空頭巾」をかぶって登下校をさせられたそうです。
「避難訓練」も、それはもう、真剣かつ徹底して行われたとのこと。

それから40年ぐらいたっているわけですが、「来る」「来る」と言われながら、今のところ「震度5強」くらいの揺れでおさまっていますが、いよいよ油断してはいけない時期にきているのかも知れません。

そこで、昨年の震災以降、避難する時に持ち出す物をリュックに詰め、枕元に置いています。
そこに、コジロー避難用に「カゴ」を用意しました。
b0240299_1102730.jpg
b0240299_1648521.jpg
100円ショップでカゴを購入し、コジパパが蓋を取り付けてくれました。
それに、「肩にタスキ掛け出来るように」と、私が紐を取り付けました。
避難する時に、両手が使えるように・・・と思ったからです。

でも、それでは安定しないし、コジローの不安を助長するのではないかと考えたコジパパは、リュックをもう一つ用意して、この避難用カゴを入れて運ぶように工夫してくれました。
b0240299_16581818.jpg
カゴの中には新聞紙とコジローの餌も常備しています。
b0240299_1703365.jpg
黒い色の物が嫌いなコジローですが、「避難訓練」というほどではないけれど、このカゴに慣れるようにしたので今は平気です。
それよりも地震の揺れによるオカメパニックが大きくならなければいいのですが…。

とはいえ、先のことを案ずるよりも、この一瞬一瞬をしっかりと生きていくことが大事なのかな…って感じています。
「家族が一緒に過ごせること」をごく当たり前のことのように思って過ごしていたけど、実は「当たり前」じゃなくて、とても尊くて幸せなことなんだとあらためて思いました。
b0240299_17291870.gif
昨日誕生日だった私に、元気いっぱいに遊ぶ姿を見せてくれたコジロー、
「ありがとう」。

☆ブログ村に参加しました☆
励みになりますのでポチッとお願いします
001.gif
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
[PR]
by kojiromama | 2012-03-10 17:45 | 成長、性別、性格 | Comments(0)