コジロー君は、女の子だったの?!

kojiromama.exblog.jp
ブログトップ

コジローは「男好き」?

b0240299_15431598.jpg
皆様も、良いお正月をお過ごしになられたことと思います。
私も、コジパパのところに嫁いできて8度目のお正月を迎え、おせち料理作りにもだいぶ慣れてきました。
最初は(年に一度しか作らないのに、上手く出来っこないわ〜)と重荷でしたが、「石の上にも3年」じゃないけど、何度も繰り返して経験を積むと、それなりに身についてくるもんだな〜って思います。
(それって、「石の上にも3年」とは何の関係もないかも???)

さて、私のことはさておき・・・

今年のお正月も、我が家に家族が集まりました☆

そして、最後にコジローにも登場してもらいました!
b0240299_1554896.jpg
コジローは全然、「人見知り」しない性格なので、皆から可愛がられます。
この時も、別の部屋からいきなり連れてこられたコジローですが、沢山の人を前に動ずることもなく・・・
b0240299_15543551.jpg
「ウ〜〜〜ン♪」と背伸びして、皆の笑いを誘っていました。

b0240299_15563826.jpg
そして、女性陣をサラリとかわして、男性陣の肩を次から次へと渡り歩き、愛嬌を振りまいていました。

コジママ「やっぱりコジローって、女の子だから“男好き”なのかなぁ〜?」
義姉  「エッ? コジローって女の子なの? さっきから男ばっかり相手にしているから、同性愛か何かかと思ったわ。ウチの息子も、『恋人が出来た』って言うから、男の子を連れてきたらどうしよう…って思って心配してたのよ。」

なんて話をしていました。
今は子供を持つと、そういう心配もしなきゃならないのね〜と思ったコジママなのでした。

そうやってコジローを連れてきている間も、つい外へ通じるサッシの戸を開けてしまって、「あっ!」と声をあげる人もいたのですが、「コジローは羽を切ってあるので大丈夫です。」と、コジパパが言っていました。
コジローの羽を切ることについては随分と悩んだし、心も傷みましたが(もちろん、コジロー本人に一番申し訳ないのですが)、そのおかげで、大好きなコジパパの肩に乗って庭にも出れるし、好奇心旺盛なコジローの好奇心を「安全」に満たすことが出来ているので(私が料理とかしていると、絶対見に来たがるのです)、まだ物心つく前に(飛ぶことに慣れてしまう前に)そうしたことを今では良かったと思っています。
コジローはビタミンB1欠乏症&メガバクテリア症でなかなか体重も増えず、病弱だったことで、体力を消耗させないように羽を切ったのがきっかけでした。
(羽を切ったことについての以前の記事はコチラをクリック)

決して「羽を切ることをオススメ」しているのではありませんので、誤解のないようにお願いします。

どんな時でもコジローが元気で、幸せでいてくれればいいーーーそれが私達の切なる願いです。



☆ブログ村に参加しました☆
励みになりますのでポチッとお願いします
001.gif
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
[PR]
by kojiromama | 2014-01-06 16:25 | 成長、性別、性格