コジロー君は、女の子だったの?!

kojiromama.exblog.jp
ブログトップ

久々のオカメパニックで焦りました(;´ー`)

前回のオカメパニックから1年以上が経ち、すっかり「オカメパニック」のことを忘れてしまっていた私達。。。

それは1月21日の夕方のことでした。

夕飯の後片付けをしていたら、TVで「東海地方で地震がありました」という速報のテロップが…。

「震度1だって。」
「そうだね、全然、気付かなかったものね。」

コジパパとそんな会話を交わし、夜の放鳥の時間になったのでコジローのケージのところに行ってみたら、いつもはヒーターのスノコの上にいるのに、なぜか下の入り口のところにいました。

あれっ?

違和感を感じながらケージを見たら、翼の羽があちこちに散乱していました。

エッ?! まさか、オカメパニック??
b0240299_17343657.jpg
左の翼の風切羽付近の羽がごっそりと抜けてしまっていました。
その数、15枚。
以前のパニックの時のような外傷は見られません。
しかし、左肩をガックリと落として、元気がありませんし、食欲もありません。
糞の状態は少量ながらも普通と変わりませんから、内臓は大丈夫のようです。
何も口にしないと弱ってしまうので、スプーン1杯のミルクを温めたものに蜂蜜を混ぜたものをパンにひたしてコジローの口元に持っていったら、耳かき1杯分ぐらいを食べてくれました。
b0240299_17434188.jpg
この画像は2日目のものですが、左肩は落ちたままです。
ーーーと言っても、「伸び〜〜〜っ」と羽を広げることは出来るし、その時は特に痛そうなそぶりはありません。
ですが、左の翼に違和感があるようなそぶりを見せて、相変わらず元気はありません。

83gあった体重も、79gになっていました。
餌も、声を掛け掛け、無理矢理食べさせる感じです。
オカメインコの病気の時は何よりも「保温」が肝心なので、それだけは気をつけていました。

ネットで同じような症例を探して、どうしたらいいか検索しました。

わかったことは・・・

*骨折、ねん挫、脱臼の場合は、病院でも手の施しようがないことがあるので、1〜2週間ぐらい様子を見たほうがいい。
*それでも、自力で食べれない場合は、先生に診ていただいたほうがいい。
*でも、自己判断は危ないので、やはり先生に診ていただくのが基本。

そして、こんな書き込みを読みました。

「我が家のオカメインコもオカメパニックで肩を痛めて、肩がいまだに落ちたままで、飛べなくなりましたが、今年で20歳になります。」

「ウチのオカメインコも肩が落ちたままですが、11歳になった今も元気です♪」

このような書き込みに、どれほど元気づけられたかわかりません。
ありがとうございますm(_ _)m

b0240299_1861528.jpg
コジローの症状を見ると、骨折ではなく、ねん挫か脱臼か・・・と思われました。
病院も車で片道1時間ぐらいかかるので、かえって身体に負担になりそうだし、骨折ならともかく、脱臼は治るかどうかわからないので、コジパパと話し合って、しばらく様子をみることにしました。
もし、このまま肩が戻らなくても、元気でさえいてくれたら・・・。
そう思いながら・・・。

そして、3日経った暖かい日のお昼に、思い切って「触診」をしてみることにしました。
私がコジローを柔らかい布に包んで仰向けにし、コジパパが羽を広げて触診してみました。
すると、数枚の羽がひっくり返っているように見えました。
どうも、根元のちょっと先でねじれているようです。
もしかしたら、パニックのせいで痛んだ羽かもしれません。
それが時々ひっかかったりしているので、左の翼に違和感があるのかも・・・。
そう判断した私達は、思い切ってその羽を切ることにしました。
b0240299_18174328.jpg
結局、それが効を奏したのか、肩が元通りになってきました。
パニックの前はアスレチックのてっぺんに登ることも忘れていたかのように、ほとんどなかったのに、パニックの後はしょっちゅう登ってみたり、バンザイをしてみたりしています。
はたでみている私達からは、コジローが自分で「リハビリ」をしているように見えます。

この頃から、餌も以前のように食べるようになりました。
b0240299_18282848.jpg
これは2月2日に撮ったものです。
羽も徐々に伸びてきているのが見えます。
b0240299_18283823.jpg
そして今日は体重も80g台に戻り、すっかり絶好調になってきました。
本当に良かったです。
「災害は忘れた頃にやってくる」といいますが、オカメパニックも忘れた頃に起こるということを肝に銘じ、今後も気をつけていきたいと思います。

☆ブログ村に参加しています☆
コジローに応援のポチッ♪をお願いします
001.gif
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
[PR]
by kojiromama | 2015-02-06 18:33 | 闘病・健康管理 | Comments(6)
Commented by reimama at 2015-02-08 09:05 x
心配でしたね><;
病院の移動って負担が掛かるから悩みますよね
でも羽を切って回復して良かったです^-^
Commented by kojiromama at 2015-02-08 23:26
>reimamaさん
コメント、ありがとうございます(⌒-⌒)
久々のパニックでとても具合が悪そうだったので、写真を撮るのも躊躇しましたが、回復してくれて本当に良かったです。
当たり前の日常のありがたさを、しみじみと思いました。
Commented by reimama at 2015-02-09 17:46 x
そういえばどうしても食欲がなくなったときは、カステラを上げるといいって聞きました
もちろん応急処置的なことですけどね
Commented by kojiromama at 2015-02-09 23:28
>reimamaさん
「カステラ」ですか! 
卵と蜂蜜で栄養が豊富で、基本、添加物とかも使わなそうだし、応急処置的には最適かもしれませんね!
お恥ずかしいことに、私、今回コジローが具合が悪くなって初めて知ったのですが、オカメインコって「食い溜め」って出来ないそうですね。
オカメインコは「新陳代謝が良い」ので、少しづつでも食べることで、治癒力が高まるということを実感しました。
いい情報をありがとうございます。
今後、他のオカメちゃん達も、カステラで救われる子がいてくれると良いですね☆
Commented by ノッコ at 2015-02-16 21:08 x
しばらくぶりにコジローちゃんに会いに来て
びっくりしました!
2年前のくーのパニックの時の事を思い出しました。
お二人の適切な処置でコジローちゃんが回復して
本当に良かったですね。
もう風切り羽もきれいに生えそろった頃でしょうね。
私のところも支笏洞爺国立公園のすぐ側なので震度2
~3の地震が年に数回あります。
昼間の揺れは平気な様子ですが夜間の場合は震度1でもすぐに気づいて暴れ始めます。
蛍光灯の小さな明かりを点けたまま前を開けて寝かせてますが
すぐ駆けつけられるようにくーの寝室の襖を開けて川の字状態で寝ています。
立派な親ばかです(笑)

くーはしばらく餌を食べられなくなり、クリニックで強制給餌をしてもらった後
セキセイの姫ぃちゃんが必死で口移しで吐き戻しのプレゼントをしてくれて
半月ほどで元気になりましたが
いざという時、一口でも二口でも食べてくれそうな好物の非常食を見つけておくと良いと
その時、主治医の先生が仰ってました。
カステラも良さそうですね、でもくーは炊きたてのご飯が大好物で炊飯の匂いでよだれをたらさんばかり(笑)
3粒ほどを貰って至福の表情ですが、もっと知恵があれば
仮病をという奥の手を出されかねませんネ。


Commented by kojiromama at 2015-02-17 21:05
>ノッコさん
こんばんは(⌒-⌒)
夜は震度1でもパニックになることがあるんですね。
くーちゃんもクリニックで強制給餌を受けたりしたんですね・・・くーちゃんも良くなって、本当に良かったです。
それにしても姫ぃちゃんの、けなげな看病に心が打たれました。ホントに姫ぃちゃんはカワイイです♡ 

>もっと知恵があれば仮病をという奥の手を出されかねませんネ。
おっしゃる通りですねー。
オカメインコってとっても賢いので、くーちゃんもご飯食べたさに「仮病」のふりを・・・。
でも、しないかな〜? オカメインコは大好きな人達の前では、元気なふりをするって言いますものね(⌒-⌒)b