コジロー君は、女の子だったの?!

kojiromama.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:その他( 7 )

コジローが虹の橋に逝ってしまいました。。。

コジローが5月4日に、突然、虹の橋に逝ってしまいました。
本当に突然過ぎて、心の整理がつきません。
b0240299_17442890.jpg
これは、亡くなる2日前の、5月2日の朝に撮った写真です。
大好きなコジパパと日向ぼっこしながら、満開のマーガレットと一緒に写真を撮りました。
b0240299_17462291.jpg
マーガレットの後は、バラと一緒に・・・。
b0240299_17470869.jpg
コラコラ、コジロー、葉っぱは食べちゃダメだよ。ーーーまったく、ヤンチャなんだからぁ〜。
そんな感じで、いつも通り、なんの病気の兆しもなく、元気いっぱいで過ごしていたのに・・・。

この写真から2日後の、5月4日。
いつもの日課で、夜9時にケージから出してあげると、いつものように私達が見守る中、嬉しそうな声を上げながらエサをついばみました。
まるで、「美味しいよ、美味しいよ♪」って言っているかのように・・・。
私もキッチンからそれを見ながら、「コジロー、お利口さんねー」って言うと、ますます張り切って食べていた感じでした。
その日は、赤粟穂もコジパパの手から食べ、お腹いっぱいになった様子でした。
その後、コジパパの膝に乗り、毛繕いしたり、甘える仕草をみせた後、夕食の後片付けを終えた私がコジローを腕にのせると、いつものように「カキカキして」と目で訴えてきたので、頭や顔を念入りにカキカキしてあげました。

そして就寝時間の10時になった時、自ら私の腕を降り(コジローは夜、10時になると時計を見て、そわそわし出します)、いつも通りコジパパのところに「トコトコトコ・・・」と歩いて行ったので、「コジローがそっちに行ったよ」と言いました。
コジローはコジパパの肩にのって、ケージに連れて行かれるのを日課にしているからです。

するとコジパパが、「あれ? コジロー・・・?」と言ったので、(またテーブルの下に探検に行ったのかな?)と思ったら、コジパパが今まで聞いたことのない声で、

「コジロー、コジロー!! コジママ、コジローが・・・」と、叫びました。

慌ててそばに行くと、コジパパの手には動かなくなったコジローがいました。

コジパパから私の手に渡されたコジローに、「コジロー、コジロー!!」と叫びながら心臓をマッサージしたり、口に息を吹きかけたりして、「死んじゃダメ! 戻ってきて、コジロー!」と何度も何度も呼びかけました。
コジパパも同じようにして、二人で何度も何度も、コジローが息を吹き返してくれるのを信じて、繰り返しました。

1時間が過ぎ・・・2時間が過ぎ・・・

だんだんコジローの身体が硬くなってきたのを感じ、もうダメかもしれないと思いました。
何が起こったのか、なぜ、こんなことになったのか、これは現実なのだろうと思いながらも、ウソであってほしいと思いました。
神様は、どうしてこんなことをするのですか・・・と言ってしまったりしました。

あまりに突然のことで、信じられなくて、涙も出ません。
ただただ、コジローが息を吹き返してくれるのではないかと、そればかりを信じていたのです。
ずっとずっとコジローを手にして、撫でたり、頬をつけたり、匂いをかいだりしました。
コジローの、ポップコーンのような良い香りが、もうしなくなっていました。
b0240299_18121184.jpg
ずっと手の中にいたコジローを、ワインの木箱に横たえました。

現実を受け入れなければ・・・と思いました。

あの時、コジパパのところに行ったコジローは、コジパパの足元を通り過ぎたので、(また探検に行ったのか?)とテーブルの下を覗き込んだところ、コジローが両翼を広げ、伏せた状態から、一瞬のうちにバンッ!とひっくり返って仰向けになって、床に横たわったので、慌ててコジローを手にし、上記のように叫んで私を呼んだのです。
その間、ほんの10秒・・・いや、そんなにも掛かってなかったと思う。
本当に一瞬の出来事でした。

コジパパは、コジロー自身は長く苦しんだわけではないので、その点では救われたのではないかと。
そして、私たち二人揃って最期を看取ってあげられたのは不幸中の幸いだったのではないか・・・と言いました。

コジローの遺体を前にして、いつまでもいつまでも頭をなでていたかったけど、コジパパが「可愛かったコジローが、だんだんやつれていく姿は見るに忍びないし、6日は友引だから、5日に埋葬しないと。」と言いました。

私はコジローを火葬したくないと思いました。
なぜなら、コジローを叱る時、「そんなことしたら、”焼き鳥”にしちゃうよ!」と冗談で言っていたから、もし火葬にしたら、コジローが(悪い事をしたから、焼かれちゃったんだ)と勘違いしたら可哀想だと思ったからです。
そして、出来れば近くに埋葬して、魂はそこになくても、コジローがそばに眠っていることを心の支えにしたかったのです。

そんなことをコジパパに伝えたら、「窓から見えるコーネリア(コジローが一緒に写っていたバラ)の花壇の一角をお墓にしよう」ーーーと言ってくれて、次の日から二人でお墓作りに取り掛かりました。

b0240299_20544586.jpg
b0240299_20555123.jpg
花壇の一角を掘り、レンガやブロックで土を抑え、綺麗な川砂を敷きつめてコジローの遺体が入った木箱を横たえました。
そして、セメントで軽く封をしました。
あまり重いと、コジローが可哀想だから・・・と、コジパパ。
そして、いつ生き返っても、すぐに助けてあげられるように・・・って。

b0240299_21034400.jpg
b0240299_21040747.jpg
b0240299_21042271.jpg
お墓はコジパパがほとんど作ってくれましたが、私も墓標の字に色付けしたり、粘土でバラの花を作ったりしました。
お墓をつくっている間は作業に没頭することで、気が紛れて良かったと思います。

そしてお墓が出来上がりました。
b0240299_21174383.jpg
b0240299_21184581.jpgいつもコジローと一緒に眺めていた居間の窓から見えるところに、コジローのお墓を作ることが出来ました。
これでコジローも寂しくないんじゃないかと・・・。

コジローはもう「虹の橋」に逝ってしまってそこに居なくても、コジパパと私は、そこにコジローが眠っているということで、どこか安堵することが出来ます。
コジローのことを思い出したら、いつでも帰ってきてくれそうな気がして・・・。

墓標の裏側には「Forever in our hearts」ーーー「永遠に忘れないよ」という意味の言葉を記しました。

あれから20日が過ぎましたが、ふと気がつくと、何か病気の予兆があったのではないかとか、コジローが病気を隠していたのではないか、あの時ああしていれば、こうしていれば・・・と、自分を責めたり、心の整理がつかなくて、どうしてこんなことになってしまったのか、私たちに何か落ち度があったのか、本当に神様はどうして・・・と、頭の中では、繰り返し、繰り返し、そんな思いが駆け巡り続け、心が苛まれます。
発作的に胸が苦しくなったり、悲しくなったりしてしまうのです。

コジパパは、「考えないようにしている。」と言い、強がっていますが・・・。

そして、コジローが亡くなってから10日ぐらい経った時、それまで観る気力がなくて放置していた、コジローの生前最期の動画をカメラからPCに取り込んで観たのです。
それは、亡くなる2週間前に撮った、コジロー6歳のお誕生日をお祝いした動画でした。


亡くなる直前も、こんな風に嬉しそうな声を出して、エサをついばんでいました。この動画を観て、コジローは、我が家の子になって、きっと幸せだったに違いないーーーそう思えたのです。

コジローが亡くなった直後、神様のことを恨む発言をしましたが、コジローは6年前に死んでいてもおかしくない病状だったことを思い出し、もしかしたら、神様は私たちのために、今までコジローを生かして下さったのかもしれないと思いました。
b0240299_21443877.jpg
b0240299_21450676.jpg
コジローは、ハコベや、北海道のノッコさんが送って下さった「野ビエ」や「チモシーグラス」が大好きでした。
b0240299_21463063.jpg
コジローは毛繕いが下手で、最期まで尻尾がギザギザだったね。
でも、そんなコジローが私たちは大好きだったよ。

コジロー、6年間の楽しい思い出をありがとう。
コジローがいてくれて、私たち、本当に幸せだったよ。

ペットが死ぬと「虹の橋」という所に逝くそうですね。
そして、生前の飼い主が、いつか天寿を全うした時に「虹の橋」に行くと、そのペットに再会出来るといいます。

私たちも、いつかまた、きっとコジローに会える日が来るでしょう。その日まで、もう悲しまないで、しっかり生きていかないといけませんね。
コジローはもう痛みもなくて、きっと虹の橋でも幸せに暮らしているのでしょうから。。。

これでコジローのブログも終わりにしたいと思います。
ただ、幼児期の「ビタミンB1欠乏症」や「メガバクテリア症」を克服した闘病記が、どなたかの参考になればと思い、ブログはこのまま閉鎖しないでおこうと思っています。

今までコメントを下さったり、仲良くして下さった皆様に、心から感謝しています。
どうか皆様の大事な家族であるオカメインコが、コジローの分まで幸せに、そして元気で長生きしますように、心よりお祈り申し上げます。

本当に、どうもありがとうございました。








....................................................................................................................................................

[PR]
by kojiromama | 2017-05-24 22:09 | その他

新年明けまして おめでとうございます☆

b0240299_21573643.jpg


2014年も、皆様にとって良い年になりますように・・・

コジローともども、今年も少しずつ成長して、悔いのない一年にしたいと思います。
ブログも、もっと頻繁に更新しないとね〜(*^o^*)
あまり気負わずに、気楽にブログも綴っていければいいな〜って思います。
今年も、どうぞよろしくお願い申し上げます\(⌒▽⌒)/☆



☆ブログ村に参加しています☆
励みになりますのでポチッとお願いします
001.gif
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
[PR]
by kojiromama | 2014-01-01 22:11 | その他

おら、アイドルさ、なりてぇ〜&コジローは甘酒大好き…の巻

久々の更新で、ごめんなさいm(_ _)m
毎日、猛暑が続いていますが、コジローもコジパパも、そして私もなんとか頑張っています001.gif

さて、テレビ界では「あまちゃん」が話題ですが、コジパパも私も大ファンです。

そして・・・・・・・???
b0240299_11562046.jpg

あらあら、コジローもひそかに、「あまちゃん」ファンだったのね(^-^;
「アイドルさ、なりてぇ〜」なんて、世の中、そんなに甘くないわよ〜〜。
b0240299_1213316.jpg

そうよ!
コジローは「我が家のアイドル」なんだから、イイじゃない058.gif

まったくぅ〜、コジローも「あまちゃん」(世の中を甘くみている…という意味)ですよね〜。
まっ、「オカメインコは永遠の三歳児」だから、しょうがないか〜(^-^;

そんなコジローの、ちょっと変わった「好物」をご紹介します。
それは「甘酒」です。
「甘酒」は「飲む点滴」とも言われ、昔は夏バテにならないように、夏に飲まれていたそうです。
私は健康の為に、四季を問わず毎朝飲んでいます。
酒粕をお湯で溶かし、ショウガのすりおろしたものを加えて良〜く煮てアルコール分を飛ばし、国産の蜂蜜で甘みを付けて出来上がりです。
そんな甘酒をマグカップで飲んでいるのですが、コジローは私が飲み干すのを待ってから、マグカップに残っている僅かな粕を舐め(食べ?)るのがお気に入りなんですよ。
b0240299_14245013.gif

マグカップに頭を突っ込んで「逆立ち」していますが、ちゃんと元に戻れるからたいしたものです(笑)
「酒粕」は、ご飯粒のようなものなので、「御飯はオカメインコに食べさせてはいけない」と言われているので、いくら僅かとはいえ大丈夫かな…と心配でしたが、

・ご飯を与えてはいけない理由は、オカメインコの胃では消化しにくいと言われているから
・ボレー粉を与えることで「そのう」内での消化を良くする

ということなので、“自己責任で”コジローに与えています。
もう1年以上与えていますが(与えるといっても、毎回舐める程度ですが)、ウンチも正常ですし、いたって健康な状態が続いているので、問題ないと思っています。

オカメインコの命を守るのに大事なことの1つは、「危険な物を食べさせないこと」だと重々承知しているので、放鳥している時にはヘンなものを口にしないように、神経を使っています。

その子の個性を尊重しつつ、これからも健康に気をつけて育てていきたいと思っています。



☆ブログ村に参加してます☆
励みになりますのでポチッとお願いします
001.gif
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
[PR]
by kojiromama | 2013-08-11 15:02 | その他

コジロー、盆栽のサクラでお花見をしました☆

今年は、サクラの開花が例年よりも早いようですね♪
我が家の盆栽のサクラも、3月25日には満開となりました☆

コジローとサクラのツーショットを撮りたくて、お外に出してみたのですが・・・
b0240299_17233666.jpg
久々のお外に、おっかなビックリの様子のコジロー。
b0240299_1724452.jpg
「しつこい」なんて、言われちゃうし・・・(^-^;
b0240299_1725403.jpg
ハイハイ、わかってますよ!
もぉ〜、「コジパパ命♡」だから、しょうがないわね。
b0240299_1727286.jpg
コジパパにうっとりするのはいいけど、かなり「ヘン顔」なんですけど!(笑)

そんなこんなで、お外の雰囲気に慣れてきた頃に、ようやくツーショットが撮れました☆
b0240299_1729275.jpg
なにげに「ドヤ顔」なのは、私の気のせいかしら?

最近、大気が不安定で、寒くなったり、暑くなったり・・・で、体調がついていきませんね。
コジローも一昨日は急に冷えたせいか、ちょっと下痢気味になって元気がなく「ち〜〜ん」としてました。
でも、今日は晴れて暖かくなったので、日光浴しながらさえずっていました(⌒-⌒)
元気になってくれて、ホッとしています。


☆ブログ村に参加してます☆
励みになりますのでポチッとお願いします
001.gif
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
[PR]
by kojiromama | 2013-04-04 17:34 | その他

コジローがコードをカジカジするので・・・

コジローは、いろんなものをカジカジするので、目が離せません(^-^;
いままで被害があったものは、マックのマウス、電源コード、ペットヒーターのコード、コジパパお気に入りの木のテーブル、椅子のカバー…などなど・・・( ̄▽ ̄;)

ですので、コード類は、見た目は悪いけど、市販の黒いコードカバーを装着しました。
b0240299_21433346.jpg
新聞紙や紙類などもカジカジするのが好きみたいですけど、万が一飲み込んだらいけないので、噛ませないように気をつけています。
b0240299_21463533.jpg
体温計に付いている、このオレンジ色の紐もお気に入りなのですが、これは噛んでも大丈夫…?
遊びに夢中で、呼んでも来ない時には、これをチラつかせて呼ぶと必ず来るので重宝してるんですけど…(^-^;

そんなふうに、私はコジローの健康に細心の注意をはらっているのですが、本人は私のことを「鳥の仲間♪」ぐらいにしか思ってくれてません(泣)
コジパパが来ると、ワキワキ、ソワソワして、すぐに飛んでいっちゃいます〜♪
b0240299_21552690.jpg

まっ、いいか!
ここのところの厳しい寒さにも耐え、換羽も順調にすすんで、餌もたくさん食べてくれているので、それだけで充分!(⌒-⌒)b
師走で皆様も忙しい日々を送っていらっしゃると思いますが、オカメちゃん達ともども、お元気で笑顔の毎日でありますように・・・


☆ブログ村に参加しました☆
励みになりますのでポチッとお願いします
001.gif
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
[PR]
by kojiromama | 2012-12-05 22:10 | その他

人の命は地球よりも重いし、鳥の命だって重い☆

今日は67年前に「長崎に原爆が投下された日」です。 黙祷。。。

これから書くことは原爆とは直接関係ないかもしれませんが、関係ないこともありません。
少し重い話になります。
もうすぐ「お盆」だから許して下さいね。
命の話です。

私は父を10歳の時に亡くし、弟も私が高校2年生で病気で亡くなりました。
そして20年ほど前に母が突然亡くなったのです。
私は母が死ぬなんて、なぜか全然頭になかったので、その知らせを受けて駆けつけた時には、本当に信じられず、自分が無力だったことを責め、後悔し、ただただ涙がとまりませんでした。
「人間は泣いても、涙の出る量は限られている」なんて言われてますが、それは嘘じゃないかって言えるくらい、あの時は悲しくて悲しくて、涙がとまらなかったことを覚えています。

喪主であった私は、お通夜、お葬式…他、いろいろな手続き等もしたりして、多忙な日々を送ったのですが、ある時、ふと道端で「チュンチュン」と鳴き声がしました。
スズメでした。
それを見た私は、「こんなに小さいスズメでさえ命があって生きているのに、なんでお母さんは死んじゃったんだろう。」と思い、また涙があふれたのでした。

あれから21年。
いろんなことがあったけど、今は優しいお姑さんと旦那さまに恵まれ、さらにコジローという家族が増えて、今は慎ましやかにも幸せな日々に毎日感謝して暮らしています。
b0240299_165354100.gif

       (記事が暗いので、画像は明るいのを選びました☆)

そんな時にオカメインコのブログ村でお友達になったreimamaさんのブログ
「おかめちっく」やyasukoさんのブログ「★オカメインコのみる夢★『僕、もんじろうです!』」でも取り上げられた、「彩玉とり村日記」に紹介されている「劣悪な環境のペットショップからレスキューされた95羽の鳥達」についての記事を読みました。
(内容については、クリックしてご覧頂けると幸いです。m(_ _)m)

「とり村」については、以前TV番組で、事情があって飼えなくなった鳥さん達を引き取って、里親を探すということもやっている…と紹介されていたのですが、その時に、里親希望の方が何度か「とり村」に通って面接等をして、里親にふさわしいかどうか、その鳥さんが引き取られても幸せに暮らせるかどうかーーーというところまで考慮して里親が決められているようで(私の認識が間違っていたらご遠慮なく教えて下さいね)、それを見て、(ア〜、この「とり村」にいる鳥さん達は、大切にされているんだなぁ〜。鳥にも『尊厳』があるから、『尊厳』を守るってこういうことだよなぁ〜。)と深く感動したのをおぼえています。
今回レスキューされた95羽の鳥さん達にも、それぞれ命があって、幸せになる権利があると思います。
b0240299_17494336.gif

コジローが病気から回復して元気になったこと…すなわち、命が救われたことにあらためて感謝するとともに、その命がどんなに重いかということに思いを馳せながら、「とり村」さんに気持ちばかりの募金をすることにしました。
(「とり村」を運営している「TSUBASA」のHPはコチラです。)
病気の鳥さん達が元気になってくれるといいな…☆



☆ブログ村に参加しました☆
励みになりますのでポチッとお願いします
001.gif
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
[PR]
by kojiromama | 2012-08-09 18:06 | その他

ヨウムが絶滅することがないように・・・

「おかめちっく」のreimamaさんからのメールで知りました。
reimamaさんのブログでも
ヨウムの絶滅をくいとめるために、皆さんに呼びかけています。

072.gif   072.gif   072.gif

2012年7月23日スイスで
ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)の常任委員会が
野生のヨウムのこれからの運命を左右する決断をくだす予定です。

最大のヨウム輸出国のコンゴでは
捕獲限度数の5000羽を大きく上回るヨウムを合法的に捕獲して
アジアや中東に輸出し続けることを望んでいます。
カメルーンではヨウムの輸出は法律でNGにもかかわらず
過去4年に5000羽を超える輸出の記録が残されています。
今回の決断は 今後の毎年数千ものヨウムの運命を左右するものです。

今こそがワシントン条約常任委員会に働きかけるチャンスです。
もしワシントン条約常任委員会に
この2つの国に対する取引差し止めの要望を受け入れてもらえることができたら
毎年これら数千の野生のインコやオウムたちの運命を救うことが出来ます。

そのためには23日までに10000名の署名が必要です。
今日現在(2012年7月20日現在)までに、3000名を超える署名が集まりましたが
まだまだ足りません。

どうぞ署名にご協力ください。

もう時間がありません!
仲間や友人にもお知らせください。
そして 今現在苦しんでいる数千羽の野生のインコやオウムたちを
救う手助けをしてください!

----------------------------------------
こんなことがあっては悲しすぎます。

署名のやり方は


こちらのサイトからお願いします



画面内にある「Sign this petition(この嘆願書にサイン)」の下の欄に

 First Name(名)
 Last Name (姓)
 Email(メールアドレス)
 Address(住所)
 City (都市名)
 Country(国)
 Post Code(郵便番号)
 Why are you signing? (署名の理由・こちらは任意で結構です)


以上をご入力の上、「SIGN」をクリックしていただければ署名完了だそうです。

072.gif   072.gif   072.gif

私も賛同して署名しました。
ヨウムは寿命が長く、とても知能が高い鳥で、素晴らしいコンパニオンバードでもあります。
人間の都合で絶滅の危機に追いやっては、いけないのではないかと思うのです。



にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
[PR]
by kojiromama | 2012-07-21 21:35 | その他