コジロー君は、女の子だったの?!

kojiromama.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

コジローは「9時から女♪」☆

我が家ではコジローを、朝7時半からの1時間と、夕食後の8時半頃から寝かせる10時頃まで、ケージから出すのが習慣になっています。
(もちろん、イレギュラーに出すことも、しばしばですが・・・(^-^;)
b0240299_1659506.jpg
     (*画像…外で作業をしているコジパパを見つめているコジロー)

コジローったら、ケージから出ている間は、餌を食べている時以外は、ず〜っとコジパパを追っかけまわしているんですよ。(^-^;

でも、そのコジパパも午後9時に、映画番組とか「秘密のケンミンSHOW」とかが始まるとテレビに見入ってしまうので、コジローなりに一人遊びをして、コジパパの気を惹こうという魂胆なのか…?

それとも・・・ただの・・・「9時から女」なのか…?

その昔、バブル全盛期の頃に、午後5時までは大人しいサラリーマンが、5時の終業時間になったとたんに元気になって飲み歩くサラリーマンが出てくるCMが流行りましたが、それの「オカメインコ版」みたいな…037.gif

いずれにしても、午後9時をまわると、とたんに餌もガツガツ食べ始めるし、バードジムでアスレチックを始めるし、人が変わったように…じゃなかった、鳥が変わったように活動的になるコジローが可笑しいです003.gif

カメラを向けると、フリーズして活動をやめてしまうのでなかなか撮影が出来ないのですが、ようやく「バンザイ♪」しているところの動画が撮れたのでアップします。

(*注…音声が出ますので、ご注意下さい。)


「9時から女♪」のコジローですが、本音は、「真っ暗なケージに連れて行かれたくないもん〜。まだ眠くないもん! だから一生懸命、お利口さんに振る舞って、なるべく長く出してもらえるように、してるんだもん♪」ということなのかもしれません。

良い子は早く寝なくちゃいけないんだよ、コジロー☆
また、明日、元気なお顔を見せてねっ♪(⌒▽⌒)/☆


☆ブログ村に参加しました☆
励みになりますのでポチッとお願いします
001.gif
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
[PR]
by kojiromama | 2012-08-31 18:11 | 手作り運動具、遊具等 | Comments(4)

換羽中のイライラに、レモンバームをどうぞ♪

「★オカメインコのみる夢★『僕、もんじろうです!』」を綴っていらっしゃるyasukoさんからの呼びかけで、北海道在住のノッコさんから、新鮮なハーブ等々を送って頂きました!
b0240299_1515138.jpg
実は、7月に「おかめちっく」のreimamaさんにオーツ麦等をお裾分けしていただいたのですが、野菜は齧るけどあまり食べないコジローが、穂に付いたままの乾燥オーツ麦やオーチャードグラスを夢中で食べるのを見て、生もぜひ食べさせてあげたいと思ったのがきっかけです。

今回送って頂いたのは、新鮮なオーツ麦、レモンバーム、アニスヒソップ、そして乾燥オーチャードグラスです。

早速、初めての「レモンバーム」から食べさせてみますと・・・
b0240299_1526979.jpg
初めて食べるものとは思えないほど警戒心もなく、バクバク食べ進み・・・
b0240299_15263798.jpg
アッと言う間に完食です☆

じゃ、次もお初の「アニスヒソップ」は?
b0240299_15284023.jpg
こちらも紫のお花も気に入ったようで、ムシャムシャ食べていました!

初めての“生オーツ麦”も、上手に中身をしごいて食べていました。
b0240299_1532837.jpg


乾燥オーチャードグラスも、コジローの大好物で、とにかく全部気に入って、毎日バクバク食べまくっています。
(生のオーツ麦や、レモンバーム、アニスヒソップはノッコさんのアドバイス通りに冷凍にして、食べる分だけ冷凍庫から取り分けて、あげています。今の時期はすぐに自然解凍出来ます☆)

すると、コジローに明らかな変化が表れたのです。

・・・というのは、コジローは現在、換羽の真っ最中なんです。
身体中が筆毛だらけで、チクチク状態…。本人も毎日、筆毛をカミカミして殻(?)をガジガジと剥がしたり、羽はボロボロ抜けるし・・・で、イライラ気味だったんです。
いつもは大人しいコジローなのに、なぜかちょっとのことで「呼び鳴き」をするようになり、なかなか呼び鳴きが止まりませんでした。
コジパパは自営業なので、コジローの隣の部屋で仕事をしている為、鳴き声がうるさくて仕事に差し支えがあるのでは…と私も気が気でありませんでした。
でも、コジパパは「全然、気にならないよ。」と言ってくれていたし、鳴くのは元気な証拠・・・と思っていたのですが、ノッコさんから届いたハーブを食べさせるようになってから、いつのまにか呼び鳴きをしなくなったのです。

コジパパもこの変化に気付いて、「さすが新鮮な有機野菜は違うなぁ〜」と感心しきりでした。

それもそのはず、思い立ってネットで調べてみたら、「レモンバーム」には下記の薬効成分があるそうなんです。

「これは脳と神経のあらゆる障害に有効で、心臓を元気付け、失神 ・うつ病・心気症とヒステリーの諸傷害を防止し、化膿を防ぎ、また、悪性で感染症のある病気にも有益である。」

ホホ〜ッ、そうだったんだぁ〜〜〜〜!!

ウチはバラを育てているので、定期的に薬を散布するため、野菜やハーブはバジルとパセリ以外は育てていないのですが、今度、レモンバームも育ててみようかなぁ〜。

とにかく、「誰が作ったものか」とか「どこで採れたものか」とか…そういったことがわかって、安心して食べさせられることがどんなに幸せか、今回、つくづく有難いと思いました。

ついついハーブ等々の話になってしまいましたが、これらのハーブを送って下さったノッコさんが、それはまた素敵な方なんです。
ノッコさんは「北の収穫祭2」というブログを綴っていらっしゃいますが、その前のHP「オホーツクの風」を読ませていただいても、手入れの行き届いた庭や丹精に育てられた花や野菜、丁寧に作られた料理など、私は心から尊敬し、(こんな女性になりたい)って思っても、なかなか自分には無理だろうなぁ〜〜と思って、とにかく憧れの先輩☆って感じです。

それに、もんじろうくんのママのyasukoさんも、皆さんに呼びかけて、ノッコさんとの連絡やり取りを懇切丁寧に引き継いで頂いて、一羽でも多くのオカメインコちゃん達に美味しいハーブを届けたいという気持ちがジンジンと伝わって、感動しました☆
ちょうどオリンピックが開催されていた最中でしたが、その対応たるや「金メダル」072.gifを差し上げたいほどです。
ノッコさん、yasukoさん、本当にありがとうございました!!

オカメインコを通じて出来た「ママ友」に心から感謝し、これからも皆さんを見習って自分を成長させていきたいと思っています。
b0240299_15553271.jpg




☆ブログ村に参加しました☆
励みになりますのでポチッとお願いします
001.gif
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
[PR]
by kojiromama | 2012-08-21 16:18 | 闘病・健康管理 | Comments(4)

人の命は地球よりも重いし、鳥の命だって重い☆

今日は67年前に「長崎に原爆が投下された日」です。 黙祷。。。

これから書くことは原爆とは直接関係ないかもしれませんが、関係ないこともありません。
少し重い話になります。
もうすぐ「お盆」だから許して下さいね。
命の話です。

私は父を10歳の時に亡くし、弟も私が高校2年生で病気で亡くなりました。
そして20年ほど前に母が突然亡くなったのです。
私は母が死ぬなんて、なぜか全然頭になかったので、その知らせを受けて駆けつけた時には、本当に信じられず、自分が無力だったことを責め、後悔し、ただただ涙がとまりませんでした。
「人間は泣いても、涙の出る量は限られている」なんて言われてますが、それは嘘じゃないかって言えるくらい、あの時は悲しくて悲しくて、涙がとまらなかったことを覚えています。

喪主であった私は、お通夜、お葬式…他、いろいろな手続き等もしたりして、多忙な日々を送ったのですが、ある時、ふと道端で「チュンチュン」と鳴き声がしました。
スズメでした。
それを見た私は、「こんなに小さいスズメでさえ命があって生きているのに、なんでお母さんは死んじゃったんだろう。」と思い、また涙があふれたのでした。

あれから21年。
いろんなことがあったけど、今は優しいお姑さんと旦那さまに恵まれ、さらにコジローという家族が増えて、今は慎ましやかにも幸せな日々に毎日感謝して暮らしています。
b0240299_165354100.gif

       (記事が暗いので、画像は明るいのを選びました☆)

そんな時にオカメインコのブログ村でお友達になったreimamaさんのブログ
「おかめちっく」やyasukoさんのブログ「★オカメインコのみる夢★『僕、もんじろうです!』」でも取り上げられた、「彩玉とり村日記」に紹介されている「劣悪な環境のペットショップからレスキューされた95羽の鳥達」についての記事を読みました。
(内容については、クリックしてご覧頂けると幸いです。m(_ _)m)

「とり村」については、以前TV番組で、事情があって飼えなくなった鳥さん達を引き取って、里親を探すということもやっている…と紹介されていたのですが、その時に、里親希望の方が何度か「とり村」に通って面接等をして、里親にふさわしいかどうか、その鳥さんが引き取られても幸せに暮らせるかどうかーーーというところまで考慮して里親が決められているようで(私の認識が間違っていたらご遠慮なく教えて下さいね)、それを見て、(ア〜、この「とり村」にいる鳥さん達は、大切にされているんだなぁ〜。鳥にも『尊厳』があるから、『尊厳』を守るってこういうことだよなぁ〜。)と深く感動したのをおぼえています。
今回レスキューされた95羽の鳥さん達にも、それぞれ命があって、幸せになる権利があると思います。
b0240299_17494336.gif

コジローが病気から回復して元気になったこと…すなわち、命が救われたことにあらためて感謝するとともに、その命がどんなに重いかということに思いを馳せながら、「とり村」さんに気持ちばかりの募金をすることにしました。
(「とり村」を運営している「TSUBASA」のHPはコチラです。)
病気の鳥さん達が元気になってくれるといいな…☆



☆ブログ村に参加しました☆
励みになりますのでポチッとお願いします
001.gif
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
[PR]
by kojiromama | 2012-08-09 18:06 | その他 | Comments(4)